バルトレックスを有用活用

口唇ヘルペスの特徴は唇、もしくはその周辺に出来てしまいとても目立つことです。さらに再発してしまう危険性もあります。

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペス

発症の際、口の周りに違和感を感じます

口唇ヘルペスは、口の周辺に赤い水ぶくれの集まりができる発疹です。始めに症状があらわれる時、口の周りに違和感や不快感を感じます。水ぶくれが赤く腫れあがり次第に大きくなって約5ミリほどの大きさになると次第に破れます。その時にかゆみや痛みが伴うことがほとんどですが、徐々にかさぶたになり治まります。およそ1週間~2週間くらいで自然に治りますがバルトレックスなどのヘルペス治療薬を服用で早く治すことができます。

口唇ヘルペスの特徴に再発する危険性があります。どんな時に再発するのかも明らかにされています。例えば仕事などが重なり、疲労感が溜まっているとき、何かしらのストレスが大きいとき、十分な睡眠が取れていない睡眠不足なときなど身体の免疫力が低下している状態が原因となり再発します。再発を繰り返さないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?予防方法はいくつかありますのでご紹介します。

口唇ヘルペスを予防するためには?

口唇ヘルペスを予防

何よりもストレスを溜めないように発散するようにします。スポーツや趣味などご自身の興味があるものに集中することやリラックスできること、ご自身のストレスになりそうなことを始めから把握すること、対人関係からストレスを感じるのであれば、相手の気持ちを考えたり、自分一人やできるとは思わず周りに頼ってみるなど気持ちを変える必要があります。

健康と美容に効果が高いビタミンCの摂取も有効です。その役割は老化から身体を守る作用や病気になりにくい身体をなるよう働きかけます。免疫力を強化する効果があり、他にもストレスを溜めずに身体を軽くしてくれる効果もあります。特にオレンジやレモンなど柑橘系の果物に多いと言われていますが、サプリなどの栄養補助食品などを用いることも1つの手段です。

必須アミノ酸と言われる身体の構成に必要なたんぱく質のもととなるリジンの摂取もヘルペスの再発を抑えます。疲労回復やカルシウムの吸収を促す働きあります。身体の免疫力を向上させる効果が強く、ウイルスや細菌などの侵入を防ぐ効果があります。牛乳やチーズなどの乳製品に多いと言われていますが、サプリなどからも1日に必要な摂取量がとれます。

日光を浴びるだけでも口唇ヘルペスは悪化します。体内には免疫機能としてウイルスや細菌が侵入してくると、白血球を多くする機能がありますが、紫外線の影響を受けることでその機能が遅れてしまいます。一番有効な手段は紫外線対応できるリップクリームを使うことですが、他にも日焼け止めのクリームなどをつけたり、帽子をかぶったりするなども対策としてあります。