バルトレックスを有用活用

ヘルペスウイルスを抑えるバルトレックス。ヘルペス治療の抗ウイルス薬として広く知られています。

バルトレックスで確実にヘルペス治療

バルトレックス

有効性を高めたバルトレックス

バルトレックスは、グラクソスミスクライン製薬会社が製造・販売する抗ウイルス薬であり、ゾビラックスの経口吸収率を改善してヘルペスウイルスや水ぼうそう・帯状疱疹ウイルスの抑制に使用される治療薬です。バルトレックスは、ゾラビックスに続く第二世代のヘルペス治療薬として世界中で広く使用されています。

バルトレックスの有効成分塩酸バラシクロビルは、身体に吸収されるとヘルペスウイルスを破壊してウイルスの増殖を抑制します。ヘルペス症状においては、単純ヘルペスの口唇ヘルペス、性感染症でもある性器ヘルペスの両方に作用します。ヘルペスの発症から5日以内であれば、症状を軽減することができ、悪化することを避けられます。なるべく早くに服用すればより効果的です。

また他のヘルペス治療薬の中でも水に溶けやすく身体にも吸収されやすい特徴があります。吸収されにくい場合にはヘルペスウイルスのDNAが複製が進み増殖することが考えられ治りづらくなり日数を要します。バルトレックスの吸収されやすさはヘルペスウイルスの増殖を防ぐ役割として非常に効果的です。バルトレックスはヘルペス治療薬としてとても優秀と言えます。

バルトレックスの使い方

バルトレックスの使い方

バルトレックスの用法は、成人や小児ともに、単純ヘルペスや水ぼうそう、帯状疱疹などのウイルス増殖の抑制や再発防止に効果があります。バルトレックスの用量は、成人と小児では違いがあります。成人の場合単純ヘルペスであれば、1日に1回500㎎ずつ2回を目安に分けて経口服用します。水ぼうそう・帯状疱疹であれば、1日に1回1000㎎ずつ3回を目安に経口服用します。性器ヘルペス再発抑制であれば、1日に1回500㎎ずつ1回を目安に経口服用します。

小児の場合、体重40㎏以上で服用でき、単純ヘルペスであれば、1日に1回500㎎ずつ2回を目安に分けて経口服用します。水ぼうそう・帯状疱疹であれば、1日に1回1000㎎ずつ3回を目安に経口服用します。性器ヘルペス再発抑制であれば、1日に1回500㎎ずつ1回を目安に経口服用します。

バルトレックスの副作用

バルトレックスの副作用は、頭痛・下痢・嘔吐・腹痛・発疹・蕁麻疹・腹部不快感・めまいなどの症状が起こる可能性があります。まれに重い副作用を起こす可能性もありますのでその場合にはすぐに病院で受診して下さい。注意する点もあり、高齢者の方、腎臓、肝臓に持病がある方、アレルギーがある方、妊娠している方の他に胃酸分泌抑制作用のあるタガメットを服用の方、免疫抑制作用のあるセルセプトを服用の方、喘息の薬のテオドールの服用の方で併用する場合、必ず医師にご相談して下さい。