バルトレックスを有用活用

幼いころ水ぼうそうを罹患し、時が経つと再発する可能性がある帯状疱疹。とても痛みが強くときには後遺症として残る事もあります。

帯状疱疹の症状

帯状疱疹の症状

水ぼうそうになった方は帯状疱疹発症の可能性があります

帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスと同じ水痘(すいとう)・帯状疱疹のウイルスにより起こる病気になります。発症後およそ1週間~2週間程度で治まりますが、ウイルスまでもが消滅したわけではなく、身体の神経の細胞が集まった部分の神経節に残り、体調などの悪い免疫力の低下した時に活性化するため、長い場合は何十年も潜伏し続けます。

一般的には帯状疱疹に患う可能性はかなり低いとされ、以前までは50歳以上の高齢者が非常に多いと言われていたものの、最近では20代~30代の女性が患う人数が増えています。症状の経過として、通常3日~5日ほどで皮膚表面にあらわれ、初期の症状として、赤い発疹がいくつあらわれて1日~2日ほどすると水ぶくれになります。

帯状疱疹の場合、単純ヘルペス同様にかゆみや痛みが伴いますが、皮膚に発疹などができる前に痛みがあらわれます帯状疱疹の大きな特徴はかゆみではなく痛み。ウイルスが神経を攻撃するため耐え難い痛みが襲ってくるのです。ですが現れる症状としては水ぶくれです。そのため虫さされや湿疹がよく間違われる症状として挙げられます。

帯状疱疹の判別方法

帯状疱疹の判別方法

帯状疱疹は、急激に片側に発疹や痛みがあらわれることが多くので症状があった場合には疑いがあります。そのため、症状のあらわれる前に痛みの部位によっては、くも膜下出血や緑内症、中耳炎、腰痛に関節痛など他の科で診断されることも比較的多くあり、 再度皮膚科で診断した際に判明することもあって治療にとりかかる遅れる起こることもあるくらいです。

範囲が片側なのは、神経が背中部位から左右別々に出ているから片側に起こると言われており、他の病気と区別しやすいです。特徴的な発疹が多くあらわれることや症状の経過もいくつかのパターンはあります。皮膚科の医師には、診断しやすい簡単な皮膚病の1つで、ヘルペス同様にかゆみや痛みが症状として伴いますので、早い段階で治療すれば、発疹も軽く痛みが出ずにリスクを最小限に抑えて治る病気でもあります。

バルトレックスなどのヘルペス治療薬をいち早く使うことで症状は進行しなくなります。それにより痛みも大きなものとならず比較的楽に過ごせるでしょう。しかし放っておくと帯状疱疹独特の痛みがしばらく後遺症として残ってしまうことがあります。もしも体の片側にだけ水ぶくれなどが出来た場合は帯状疱疹を疑って下さい。