バルトレックスを有用活用

性感染症としても知られている性器ヘルペス。とても感染力が強く再発の危険性も高いので、予防は確実に行いましょう。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペス

性器ヘルペスは、性器や尻周辺に赤い水ぶくれの集まった発疹です。感染経路は、性行為からが経路が多く、バルトレックスなどの治療薬の服用で抑えられますが再発を繰り返すこともあります。性器ヘルペスに感染している約60%の方は気づかないとされております。症状が進行すれば分かりやすいのですが初期症状はなかなか自覚できないため、注意しなければ感染をさらに拡大させてしまいます。

若い世代に多い性器ヘルペス

ここ最近では年齢の若い世代に感染が増加していますが、中でも20代の女性患者が急増しており、女性の方が男性よりも感染率が高いと言えます。性器ヘルペスは男性と女性、口唇ヘルペスとも症状が異なります。男性の場合には亀頭・包皮・尻など周囲に水ぶくれがいくつか集まった発疹ができ、かゆみや痛みがあり、ひどい時には、太もものつけねのリンパ節が腫れあがったり、尿道炎を起こしたり、全身に倦怠感を感じたりすることがあります。

女性の場合には、初めて感染した場合には一番強い症状があらわれ、外陰部が強い痛みがあったり、排尿時に痛み伴ったり、太ももの付け根のリンパ節が腫れたりします。頭痛や熱が伴うことも多々あり、外陰部はただれたような水ぶくれが数多くあらわれます。ひどい時には強い痛みから歩けなくなったり、トイレへ行くことも困難で入院する必要も場合によってあります。

感染や再発を予防するためには?

感染や再発を予防方法

男性も女性も症状は、およそ1週間~2週間ほどで治りますが、再発する危険性が口唇ヘルペスよりも高い確率でなると言われています。再発する原因は、口唇ヘルペス同様に免疫力の低下だと明らかとなっています。予防にはいくつかの方法があります。まずは何よりもストレスを溜めないように発散しましょう。スポーツや趣味などご自身の興味があるものに集中したり、ご自身のストレスになりそうなことを始めから把握することです。

またコンドームの着用を必ず行いましょう。避妊をするという目的もそうなのですがコンドームが持つ最大の利点としては性感染症の予防です。性器ヘルペスの他にもクラミジアや淋病などが防げます。これらの症状も大変厄介なものです。自身もそうですが相手の方への配慮という意味でも必ず行って下さい。

ヘルペスは、一度感染してからきちんと完治して身体に免疫ができても、再発を繰り返す特徴があります。その兆候は性器やお尻周辺にむずむず・ヒリヒリした感じがする、痒みがある、腰やあしのしびれがある、全身のだるさを感じる兆候といったものです。もしも、年6回以上再発を繰り返す場合、精神的な苦痛を和らげる抗ヘルペス薬を1年間投与して抑制する療法もあります。

その際に使用するのはバルトレックス、そしてゾビラックス、またはジェネリックなどヘルペス治療薬です。選択肢が広いため悩むところですが最も手軽なのはバルトレックスだと思います。その理由は少ない服用回数でとても高い効果を発揮するからです。いざなってしまった場合は覚えておきましょう。